2011年11月28日

第6回「健康に良いの?コーヒーの効能」

コーヒーは薬ではありませんが、様々な健康に関する効能が報告されている
・・・というお話でしたね。

代表的な成分は、カフェイン、クロロゲン酸、トリゴネリン。

例えば、
カフェインには利尿作用、運動能力を高める筋肉収縮作用、
交感神経を刺激することによるダイエット効果なども認められている。

クロロゲン酸はポリフェノールの一種で抗酸化作用があり、
がん予防や、糖尿病予防によいと言われていたり、

トリゴネリンはアルツハイマー病に効果があることが確認され
現在マウスによる実験段階が進んでいる・・・と。

そして、これらの成分は、
アラビカ種よりもロブスタ種に多く含まれているそうです。
苦みのある方のコーヒー豆の品種。まさに良薬口に苦しですね!

最後に中平さんがお話してくれた、
17世紀のスウェーデンでの伝説・・・面白かったですね〜。

「コーヒーは本当に身体に良いのか?」奴隷を使った生体実験が行われたけど、
結局、奴隷は誰よりも元気で長生きしちゃった! ってオチでした(笑)

これを聞くと、本当になかなかの効果がありそうだけど・・・
ただ、コーヒーは約98%が水です!
なので、あんまり期待しないように〜 ^_^;
というお話でした!

今回は実習がなかったので、
カメラコーヒーアカデミー講義室の様子を・・・
ポスター撮りしたときの写真です*^_^*

コーヒーの事をもっと学んでみたいという方は、
UCCコーヒーアカデミーへ!
http://www.ucc.co.jp/academy/info/index.php

ucckoza6a.jpg


posted by さなえ店長 at 22:00| UCCラジオ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。