2012年02月06日

コーヒーの苗木

ucc.omiyage.jpg

UCCコーヒー博物館の「ミュージアムショップ」には、
コーヒー豆はもちろん、コーヒーメーカーやグッズ、
書籍やTシャツなどコーヒーに関するものがが売られています。

その中でも一番人気が「コーヒーの苗木」
上手に育てれば3年程で花が咲き実をつける。
詳しい育て方の解説書つきで、
525円(税込)が、いまUCCのサイトを見ると
特別価格350円(税込)で販売中だって!
https://www.ucc.co.jp/campaign/museum/goods.html


しかし、なかなか育てるのは難しい・・・
室内の日当りの良い場所で、冬は10℃以下にならないように
そして、水の量も注意が必要・・・

年末に2本持って帰ったけど、
年末年始の帰省で5日間も留守に。
一応ほかのミニ観葉植物たちとまとめて温室をつくって
その中に入れ、冷気を防ぐため下の方は毛布で囲んで
いったのですが・・・
帰ってきた時に1本ちょっと元気がなくて・・・
その後も続けてちゃんと毛布や段ボールで囲んで
あげなかったので見事に枯れちゃいましたたらーっ(汗)
あぁ、ごめんなさい(涙)


これから春にむけて暖かくなるし、栽培のチャンス!
私もリベンジしてみよっかな。
皆さんも是非チャレンジしてみてください*^_^*

UCCコーヒー博物館のホームページ内にある
「コーヒーの木すくすく部」を参考に!
http://blog.ucc.co.jp/sukusuku/

【関連する記事】
posted by さなえ店長 at 09:00| おしえて楠木館長! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

第10回「家でも出来るデザインカプチーノ」

エスプレッソにミルクでハートやリーフを描く
デザインカプチーノ・・・
自分でも出来たら・・・と憧れますよね〜♪

今回は私も挑戦するんですが・・・その前に!

皆さん、コーヒーとミルクを組み合わせたメニューって
色々ありますよね〜? その違いは分りますか?

★カフェオレ=濃いめのドリップコーヒーとホットミルクを50:50
★カフェラテ=エスプレッソにホットミルクを20:80の割合で
★カプチーノ=エスプレッソに泡立てたミルクを20:80の割合で

カフェラテとカプチーノは使うミルクが泡立っているかいないかの違い!
でもこのミルクの重さが違うことで、
実質的な量の違いと味わいの違いにもつながるのです!

ucckoza10a.jpg

ucckoza10b.jpg

まずはエスプレッソをいれます。粉は極細挽き!

そして、エスプレッマシーンをお持ちの方は
横に付いているスチーマーで・・・

無い方は、ミルクスチーマー単体でも売っていますね。
ミルクフローサーとか、ミルクフォーマー、
クリーマーとかっていうやつ。

ucckoza10c.jpg

コツは、最初にしっかり空気を含ませること・・・
そして勢い良くスチームを!
泡立ったら、まだプツプツ泡が残っていますが、
このままではキレイな絵が描けません!
台の上で、ミルクの入った容器をトントンと叩いて
グルグルっとワイングラスを回すようにして、
泡立てたミルクを滑らかにします。
う〜〜〜ん、クリーミー♪

ucckoza10d.jpg

先に作っておいたエスプレッソに注ぎ入れます。
これが、なかなか難しいあせあせ(飛び散る汗)

高い位置からカップの真ん中(一番深いところ)に
勢い良くミルクを落とす。
ミルクは軽いので浮き上ってきます。
と同時に手前にひいて・・・
スッと少し戻して上げる(切る)

まぁまぁ形になって喜んでいますが・・・
実際のところ、ほぼ中平さんに手を添えてもらったので・・・
なんとも言えません(泣)
その感覚は自分で何度も試して習得するしかないのかもっ!

居残りして、リーフにも挑戦してみました。

ucckoza10e.jpg

半分だけうまくいった!?
これも練習あるのみ!

夏にスタッフから御祝いで頂いたエスプレッソマシーン・・・
実はいまだ普通にコーヒー入れるだけでエスプレッソは
使ったことがなかったので^_^;・・・
家でコツコツ練習しよっと*^_^*

posted by さなえ店長 at 09:00| UCCラジオ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

第9回「美味しいコーヒーの入れ方/サイフォン編」

なかなかご家庭にサイフォンの器具をお持ちの方は
いないと思いますが・・・
もしいたら、相当なコーヒー通ですね!

でも、ペーパーとの違いや知識をお勉強しましょう〜
ということで、私も初体験!

昔アルバイトしていた喫茶店はサイフォンを使っていたので
マスターが淹れるのを見ていたし馴染みはあるんですが・・・
実際、自分が淹れた事はないので、ドキドキ!


ucckoza9a.jpg


フラスコに水を入れて火にかけ、
2分ぐらいたったらお湯が沸いてきます。
この時、フィルターのついたロートにコーヒーの粉を入れ
斜めにセットしチェーンを垂らしてスタンバイ。
チェーンがフラスコの底(ガラス面)に付く事で
接着面から気泡がたって沸騰の目安がわかる仕組みに。

お湯が沸いたら、まっすぐロートを挿す。
水蒸気に押されてお湯が上にあがってくる。

ucckoza9b.jpg

→まず第一撹拌。しっかりまぜて蒸らす。

→30秒待つ。
 (この待ち時間によって濃さを調整)

→火を止めて、すばやく第二撹拌!
 (2回目の撹拌はキレイに濾過させるために行う)

ucckoza9c.jpg

フィルターに濾されて、コーヒーが落ちていく。
こんもりしたまぁるい山が出来て、
きれいな泡が残れば合格!
この泡にコーヒーの灰汁や不要な成分が
付着しているそうです^_^ へぇ〜。

サイフォンで淹れたコーヒーは熱々なので気をつけてあせあせ(飛び散る汗)
すっきりした味わいで美味しい〜揺れるハート

サイフォンは段取りが大事!
しっかり覚えて間違えないように・・・
というので、かなり緊張しました。

さぁ、次回は 喫茶店 デザインカプチーノに挑戦です!
お楽しみに〜*^_^*

posted by さなえ店長 at 09:00| UCCラジオ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

第8回「美味しいコーヒーの入れ方/ペーパードリップ」

珈琲の淹れ方には様々な方法がありますが、
基本的には透過法(とうかほう)と浸漬法(しんしほう)・・・
一般にネル、ペーパードリップなどは透過法、
サイホン、カフェプレスは浸漬法に分類されます。

今回は、ペーパードリップ!

だいたい皆さんもご自分で、またはコーヒーメーカーで
このドリップ方式で抽出していると思いますが・・・
味の選択肢が広げられるというメリットの反面、
なかなか味を一定にするのが難しい抽出方法でもあります。

さぁ、実践! 
講師の中平さんにお手本を見せてもらい、私もチャレンジ!

ucckoza8.jpg

まず、大事な「蒸らし」・・・
コーヒーに含まれる炭酸ガスを抜くことによって、
粉全体にお湯がまわり、コーヒーの成分がしっかり抽出される。

ゆっくり丁寧に抽出した方が、濃厚でまろやかに仕上がる!
というのは前回学んだ通りですね*^_^*

ucckoza8a.jpg

とはいえ、なかなか難しいんです。
このポット・・・注ぎやすいかと思えばそうでもなく苦戦!
上手く中心に注げず、コーヒーの壁を崩してしまったり
お湯の量も安定しません・・・(泣)

それぞれポットの注ぎ口とお湯の出方は違うので、
そのクセを手元の感覚で覚えなくてはいけませんね。

ちなみに、中平さんの入れたペーパードリップの痕は、
以前撮影したもの(たぶん2杯分)ですが、
こんなに分厚いきれいな壁が出来ます。さすがですねっ!

ucckoza8c.jpg


さぁ、中平さんが入れたコーヒーと私が入れたコーヒー
飲み比べてみましょう〜♪

ucckoza8b.jpg

う〜〜〜ん・・・同じコーヒー豆なのに、
こんなに味が違うのものか・・・

中平さんいわく、練習あるのみ! だそうです^_^;
皆さんも美味しいコーヒーをいれられるように頑張りましょう〜♪


posted by さなえ店長 at 09:00| UCCラジオ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

第7回「抽出方法で変わるコーヒーの味」


同じコーヒー豆でも、淹れ方によって味が変わります。
コーヒーの成分の特徴を知って、味に変化をつけてみましょう。

コーヒーには、
溶け出しやすい成分と、溶け出しにくい成分が混在しています。

基本的に、
A:溶け出しやすい成分には、酸味や甘み・・・
B:溶け出しにくい成分には、苦みや渋み・・・がある。

つまり、
A:抽出時間が短いと、コーヒーの成分が十分に溶けず、
酸味や甘みのある成分だけが抽出されて、酸味のある味になる。

一方、
B:抽出にじっくり時間をかけると、溶け出しにくい成分も抽出されて
苦みや渋みもある濃厚でバランスの取れた味になる。・・・というわけ。

あと、お湯の温度も関係してきます。
温度が低いと十分に抽出されないので酸味が強くなり、
温度が高いとしっかりバランスの良い味に仕上がる。

ucckoza7.jpg

講師の中平さんに、2パターン淹れていただきました。

ucckoza7a.jpg

さて、味の違いは??
はい!まさに、すばやく淹れた1つ目は酸味が強く
じっくり淹れた2つ目は苦みと複雑味がありました。

どちらが正しいとかではなく、アナタのお好みで
抽出方法や淹れ方にも変化をつけて楽しんでください!

posted by さなえ店長 at 22:00| UCCラジオ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。